経済指標

中古住宅販売件数で儲ける

中古住宅販売件数(中古住宅販売成約件数)

中古住宅販売件数は、全米不動産協会(NAR)が毎月25日ころ23:00に前月分を発表します。

全米において中古住宅の売買契約で所有権が契約者に移転した件数を1ヶ月間で集計したものです。

アメリカは住宅に対する需要が旺盛で、新築物件、中古物件共に頻繁に取引があります。

中古住宅市場は新築物件市場よりもかなり規模が大きいので、国内の消費動向を把握する上で重要な指標と言えます。

中古住宅販売件数が、拡大しつつある状況は、消費性向が上向きとなり景気が拡大すると見られます。

現在は、毎月400万件から500万件の間で推移しています。
サイクル投資法マスターブック
松下さんはトレンドを相場に活かす方法とサイクル理論を駆使した相場師として有名です。
サイクルといえば、それ何?という感じもありますが、景気にも景気循環という波があるように相場にも波があるということを分かり易く解説した良書です。
 本書はサイクル理論を元にトレードをきちんと組み立てており、再現性の説明もわかりやすいので、この理論をマスターすれば、取引に自信が出てくると思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
FXサイクル投資法マスターブック






ISM製造業景況指数で儲ける

ISM製造業景況指数は重要です。
ISMとは、米国 米供給管理協会のことです。

ISM製造業景況指数は、米国の製造業者300社以上の会社にアンケートを徴して、集計し作成されます。

50%を超えると景気が拡大しているというし、50%を割り込むと景気が交代しているという見方になります。

この指標は毎月月曜日(休日の場合は第一営業日)に前月分が発表されます。

数ある指標の中でも、月初めに発表されることから非常に注目度が高いと言われます。
岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則−なかなか勝てない人のための急所ガイド
この本の目次を覗いてみました。
相場の勉強のために大変役立ちそうな項目が立てられ読んでみたくなり、つい買ってしまいました。
例えば、CHAPTER5 大きく稼ぐにはファンダメンタルズ分析が欠かせない
27 経済指標を使いこなせばチャンスは広がる。
28織り込み済みの度合いを調べる。
29 米国雇用統計が最大の注目指標
30 中国経済の動向と人民元の動きに注目
31 為替介入があったときどうするか
32 自信などのパニック時にも対処法はある
33 購買力平価と実際のレートにはギャップが有る。
34 実需と投機が市場を動かすときには特徴がある。
35 ドル円はなぜセオリーと反対に動くのか
これらの他、
CHAPTER1 FXで稼ぐための基本のおさらい
CHAPTER2 トレンドとレンジ相場を攻略する
CHAPTER3 実践相場で稼ぐ知恵とテクニック
CHAPTER4 テクニカル分析は少数精鋭で臨む
CHAPTER6 通貨ペアの特徴を捉えて攻める
CHAPTER7 FXで稼ぐ人、稼げない人の心理
が解説されていて、とても面白い。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
岡安盛男のFXで稼ぐ47の法則−なかなか勝てない人のための急所ガイド



ISM製造業景況指数は、製造業企業の購買担当役員にアンケートを徴するのは前述の通りですが、その中身は「新規受注、生産、雇用、入荷遅延、在庫」の5項目にわたって、それぞれ、前月より増加したか、同じか、減少したかを問いかけるもの。 そしてそれぞれの項目に20%ずつ割り当てて、景況の比率を算出します。

個別の項目にしても、新規受注が伸び、生産が伸び、雇用が伸びた場合、景気は拡大していると判断出来ます。
したがって個別の項目にも注目度が高い指数です。

なお、この指数は、FRB「米連邦準備理事会」(米国中央銀行の準備制度理事会)で金利を調整する際の参考にされると言われています。過去ISM製造業景況指数が50%を割った(景気後退の)状態では、金利が上げられたことはありません。




GDP指標をFXにどう活かすか

GDP(国内総生産)とは、国全体の経済力を示す指標として用いられます。各国内で、生産やサービスが1年間にどれだけ新しく生みだされたかを金額ベースで示されます。

FXに於いては、やはり米国のGDPの変化が最も相場に影響があります。注目度は最大の部類です。
もちろんご存知のようにアメリカのドルが世界経済の基軸通貨になっていますから、アメリカの経済次第ではドルが上昇したり下落したりするからです。

経済成長率はGDPの1年間の伸び率で表します。
経済が好調なときはGDPの成長率が高いと国内経済が好調に推移していると評価され、また、成長率が低くあるいはマイナスであった場合は、国内経済は低調または低迷と評価されます。

アメリカのGDPは3ヶ月毎(4半期)に発表になります。
GDPは、個人消費・設備投資・住宅投資・在庫投資・政府支出・純輸出で構成されています。
アメリカの4半期は1月〜3月、4月〜6月、7月〜9月、10月〜12月であり、集計は3ヶ月毎で、翌月に速報値、翌々月に改定値、その翌月に確定値が発表されます。
FX指標HAPPYトレード

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
FX 指標スキャルでHAPPYトレード―10万円から始めて3年で2億円稼いだ!


発表値は、前期比、及び年率換算です。

GDPには名目GDPと実質GDPがあります。名目GDPはその期間内の生産物とサービスの価格の集計ですが、実質GDPは、名目GDPから物価の上昇または下落分を除いて集計されたものです。


一定期間内に米国内で生産された財・サービスの付加価値の総額。四半期毎に集計され、翌月に速報値、翌々月に改定値、更にその翌月に確報値という順で発表される(前期比・年率換算)。個人消費・設備投資・住宅投資・在庫投資・政府支出・純輸出で構成される。米経済全体の景気動向を見る上で重要であり、最も注目度の高い指標の一つ。
名目GDPと実質GDPがあり、名目GDPはその期間内の経済活動水準を市場価格で評価したものである。実質GDPは、名目GDPから物価変動の影響を除いたものである。
.
FXで注目度が高いのは、GDPの中でも個人消費支出です。この指標は、GDPの70%を占めるといわれるからです。
GDPは改訂されることもしばしばであり、確定値は3ヶ月毎であるため、最も早く発表される名目GDPの速報値が最も影響が出やすいと言われます。


Copyright (C) 経済指標でチャンスをつかむFX成功法. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。