経済指標でチャンスをつかむFX成功法TOP ≫  FX初心者講座 ≫  FX初心者とFXギャンブル2

FX初心者とFXギャンブル2

FX初心者とFXギャンブル2

あなたは、明日のドル円は「円高」になる、あるいは「円安」になると予想出来ますか?
相場の世界です、FX市場においてもその通貨の価値は需給関係によって決まります。
したがって、何が起きるかわからないのが相場の世界です。
正直言って難しいということでしょう。

ただ、一定の条件付きで為替を予想できる時もあります。
最近世界を揺るがしているギリシャ危機のような事件が発生しますと、これはユーロ圏に由々しき事態が起きそうだということから、ユーロが売られると予想できる場合もあります。

しかし、日本で発生した東日本大震災と福島原発事故の場合はどうでしょうか?
単純に言って、日本の国力が弱まるので「円安」となるだろうと予測した人は、損をしたのです。
この場合は、大震災後の復旧に備えるために、日本は外貨を円に換える必要があるので、円が買われたのです。

予測は非常に難しいということです。

さらにこのFXには、レバレッジをかけて投資することが可能な商品ですので、このレバレッジを活用すれば大儲けもできるし大損もするという仕組みになっています。

レバレッジというのは、投資資金を証拠金という「取引のための部分担保」のようなものに置き換えて、証拠金の2倍〜500倍までの取引ができるのです。
日本では現在25倍までのレバレッジ規制がありますが、外国証券会社を活用すると500倍あるいはそれ以上もあるかもしれませんが、たいへん大きなレバレッジで取引を行うことができます。

これがギャンブルといわれる最大の理由です。

例えば25倍のレバレッジで、100万円の証拠金で1ドル92円の時に25万ドル買ったとしますと、もし仮に102円になった時売ったとすれば、(102-92=10)×25万ドル=2500万円になってしまいます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク

ところが逆の場合は大変です。
僅か1円円高になっただけで25万円分の証拠金が目減りします。
仮に3円円高になると75万円が減ります。すると、証拠金には25万円しか残りません。
米ドルは動きが小さいとは言っても、1日に1円以上動くことはありますので、FX業者や証券会社は25万円しか残っていない証拠金では、これ以上取引は続けられないというので、強制的に決済してしまいます。
これは、仮の話ですので、実際にはFX業者は、証拠金が目いっぱいの取引に関しては、常時目を光らせ、少しでも証拠金が減ると、すぐに証拠金を追加するよう警告し、従わない場合には強制決済してしまうことになります。
これを「ロスカット」といいますが、各業者は口座残高の30%程度をロスカット基準にしているところが多いようです。

もし、FXを始める場合は、レバレッジに十分注意して始めることが肝心です。
少ない資金ならまだしも、生活が破綻するような大金をはたいて参入する市場ではありません。
最初は、生活し支障のない範囲で、全額損をして>も良い場合は、多少レバレッジをかけても良いかもしれません。
大金を大きなレバレッジで運用することだけは、くれぐれもやめておいたほうが良いと思います。


コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 経済指標でチャンスをつかむFX成功法. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。